11/14の演説と空


15日の新聞にのったオバマ大統領東京演説を読んで感動した。
外交戦略として読むのではなくて、というか読めません;;;
感想を素直に書いてみたくなった。
(以下「」内抜粋)

「相互につながった世界で国力は必ずしもゼロサムゲームではなく、
国々は他国の成功を恐れる必要はない。
影響力の領域を競うのではなく、協力の領域を培うこと」

世界がひとつになろうとする流れは止まらないからね・・・。

「地球を危険にさらさずに経済成長するため我々全員ができる事をすべきだ。
一緒にやらなければならない。ただ、朗報もある。
まっとうなルール作りと動機づけさえできれば、最高の科学者や技術者、
起業家の創造的な力が解き放たれるだろう」

これまでは、まっとうなルールがなかったってこと?
一部の利益を守るため、全体の利益になるであろう技術が封じ込められていると
きいたことがあるけど、やっぱりそうだったのか・・・。
経済成長=地球をダメにする、という図式ではなく、こいういう視点が大事だと思う。
先日のダライラマ14世の講演では、
「専門家ではないので、経済についてはっきりしたことはいえないが、
地球にはまだまだ貧しい人々が多く、経済成長はそういった国には必要なことです」
そんなことを仰っていた。

日米に限らず、今後私たちが、地球人としてどうあるべきか、
この地球、人類全体を、これからどうしていきたいか、
それが伝わってくる力強いメッセージとして受け取った。

この日の葉山の夕焼け、上空を覆う雲のスケールの大きさに圧倒されました。
e0136476_12203653.gif

[PR]
by hira-tama | 2009-11-15 12:20 | 自然


<< 虹に始まり虹に終わる旅 We love ukulele >>