初釜
d0143025_065082.jpgその年に始めて行う茶会、初釜。
掛け軸は、『敬天愛人』
天を敬い、人を愛すという意味。
茶会の掛け軸というと禅の難しい言葉が多い中、
なんの説明もいらない、誰にでも理解できる言葉。

茶の湯でも西洋のマナー講座でも学ぶべき大切な事は、
「おもてなしの心」だという。

わかりきったような事が、ほんとうにできているかというと意外と難しい。
いくつになっても学ぶことがいっぱいです。
[PR]
by hira-tama | 2008-01-14 14:26 | 茶の湯


<< ものと心−1 ドックでデート >>