Life Style Report 1:神奈川県O様邸
e0136476_11514969.jpg

e0136476_12342783.jpg見事なイチョウ並木の住宅街を通り抜け、たどり着いたO様邸。
川崎忠夫さんの作品が大好きとおっしゃる奥様にコレクションを見せて頂き、お話を伺いました。
「何からご覧になります?」
北欧産の食器などもたくさん納められた食器棚から次々と出されてくる川崎作品の数々・・・、
あっという間にテーブルの上がいっぱいに!
しなじなの在庫数を軽〜く超えてしまいそう・・・(汗)。
20代の頃に川崎忠夫の作品に出会い、30数年にわたって少しづつ買いそろえられ、今では毎日の食卓に使われているとのこと。
その魅力とは?

何より丈夫なこと
「何十年と、必ず毎日何枚かは使ってきて、一つも壊したことがないんです。
もともと食器が好きだから丁寧に扱っているということもあるのでしょうけれど・・・。とっても強いんですよ」

身近な自然の多彩なモチーフ
「誰でも知っている草花から珍しい植物、また小鳥などの小さな動物たちが生き生きと描かれているところが、やはり魅力ですね。軽快な色使いも好きです」

何にでも合わせやすいこと
「日本の食卓に合うということ。和洋中、どの料理に使ってもいいし、また他の食器と混ぜて使ったり・・・。
母から譲り受けたものが多いのだけど、それと取り合わせても全然違和感がないんです。
大人数のお客様のとき、北欧のセットの大皿が足りなくて、
このパン皿を使ったこともありました」
大皿から小皿にいたるまで、また形もさまざまで、食生活を大事にしたいと思ったら、
それこそすべて揃えることもできる。オーダーにも対応してもらえるという。
「プレゼント用に、酒器を制作していただいたこともあるんです」
e0136476_13364688.jpg
食器だけでなく蓋ものや花器なども・・・
e0136476_1316444.jpg
O様邸は名の通った建築家による設計で、年月を重ねることで、より素敵なお住まいに・・・。
「丁寧に暮らす」ということ。
それを積み重ねていくと、こんなふうに居心地のいい空間になっていくのでしょうか。
値段に関係なく気に入ったものを大切に使っていく、
使わない物は貰わない、等のヒントを教えて頂きました。
お忙しい中、取材ご協力ありがとうございました。
(Nov.2007取材)

しなじな.jp homeへ戻る


e0136476_1319812.jpg
[PR]
by hira-tama | 2008-03-26 11:55 | ライフスタイル拝見


<< 私はさくら dog goods >>