川崎忠夫  手づくりのディナーウェアー展
現代陶芸ギャラリー寛土里で、川崎さんの個展が開かれました。
初個展から毎年続けてこられ、30回目を数える記念すべき今回のテーマは、ディナーウェアー。
e0136476_9195686.gife0136476_9202924.gif

「くつろぎの時を過ごすためのやきものを作りたい」と、最初の個展の頃に創刊された雑誌で
語っておられた川崎さん。
その姿勢のまま、大量生産ではない手づくりの磁器を、労を惜しまず作り続けてきました。
ディナーウェアーと言っても、格式張ったところがなく、どこかほっとする温もりが感じられるのは、
そのためなのでしょう。

都心のホテルの廊下を忙しく行き交う人も、ちょっと足を止めて、その世界に見入っていました。

e0136476_921353.gife0136476_9211744.gif
e0136476_9214464.gife0136476_9215678.gife0136476_922734.gif
[PR]
by hira-tama | 2008-05-17 21:16 | 陶芸


<< 道具って大事 オープンハウスギャラリー >>